aware publishing
ホームへ お問合せ
買い物カゴの中を確認する

 電子出版のアウェアパブリッシング


はじめての方へ
エッセイ
素材集
写真集
学術・実務
えほん
思想・哲学
音楽
その他
インタビュー



戻る

まゆみさんインタビュー


まゆみさんは、関西在住の絵本作家です。詩画集『心のつぶやき』は、家族の中におけるお父さんの大切さを詩と絵によって表現した素晴らしい作品になっています。今回は、まゆみさんに本作品を書かれた動機など、インタビューさせていただきました。




まゆみさんは、関西在住の絵本作家です。詩画集『心のつぶやき』は、家族の中におけるお父さんの大切さを詩と絵によって表現した素晴らしい作品になっています。今回は、まゆみさんに本作品を書かれた動機など、インタビューさせていただきました。


― 本書の執筆のきっかけはどのようなものでしょうか?

一番のきっかけは、義父の介護ですね。
介護生活は、 家で、のぼぉ~とできる時間があるのに、自由に外出することができません。
私の歳になると、みんな自分の世界を持って外で飛び回っています。
それを見て、だんだんみじめになっていく自分、置いていかれそうな不安、そして、介護が終わった時に私には何が残っているのだろう、そう思うと落ち込むばかり。
そんな自分に、
「詩を書いたり、絵を描いたりなら、家で暇な時間にできるやん。昔からの夢(詩画集の出版)を目指してがんばろうよ!」
と、背中を押した、もう一人の自分。
これがきっかけですね(笑)


― 絵本を描かれるようになったきっかけは何でしょうか?

絵は学生時代から大好きでした。
でも、縁がなかったのか、短大を卒業してから後、絵を書くことは有りませんでした。
そして結婚して、更に、絵からは遠ざかっていました。
しかし、上の質問でも答えたように、介護をきっかけに、自分の夢を、実現させよう~、また、絵を書いてみよう~、と、思い絵本の制作を初めました。


―現在 発売予定の絵本についてご紹介いただけますか?

詩画集と同じキャラを貼り絵にしています。
とても単純な、そしてノーマルな内容ですが、最後に落ちをつけました。
その落ちが、この絵本にいい味を出していると、自画自賛しています。
今回の詩画集と同じく、サブタイトルが
「おとうさんってあたたかい もっとおとうさんとあそぼうよ」
です。
絵本をお母さんと子供のものにせず、もっと、おとうさんと一緒に楽しんで読んでほしいです。


― まゆみさんの愛読書について語っていただけますか?

すごく悲しい事に・・・
私は本が嫌いです・・・
文章力がなく、読解力がなく、そして極めつけ、漢字がものすごぉ~く苦手。
ですから、愛読書というものがありません・・・。
でも、子供に買って来たハリーポッターは、睡眠導入剤として、かなり愛読させていただいております。
1ページで瞬殺という優れものですよ(笑)


― どうもありがとうございました。


まゆみプロフィール
兵庫県 淡路島のド田舎生まれ。

ごくふつぅ~に主婦をしていた私が誰の陰謀か策略か、このたび詩画集を出版することになりました。

なんと7月には詩画集と同じキャラクターが登場する絵本「いちばんつよいのだぁ~れ」も出版されることになっています!!

今年はどうも当たり年?

とにかくいまは成り行きに身をまかせ、他人事のように自分の行く末を見守っているのです。