aware publishing
ホームへ お問合せ
買い物カゴの中を確認する

 電子出版のアウェアパブリッシング


はじめての方へ
エッセイ
素材集
写真集
学術・実務
えほん
思想・哲学
音楽
その他
インタビュー



戻る

midonationさんインタビュー


midonationさんは、読んだ人にやさしい気持ちになってもらえるような作品作りをしている絵本作家です。そんなmidonationさんの絵本『のらいぬ』は、犬と人間のあたたかい交流が描かれており、犬好きのひとにはぜひおすすめの一冊です。今回は、midonationさんに本作品を書かれた動機など、インタビューさせていただきました。




― midonationさんが、絵本を描かれるようになったきっかけは何でしょうか?

妊娠して、産まれて来る子供に読ませたくて書きました。


― では、本書の執筆のきっかけはどのようなものですか?

最初は自分のベビーだけのために作っていて書いているうちに、他の子供たちや、大人にもやさしい気持ちになってもらえるんじゃないかと思って書きました。


―midonationさんの愛読書について語っていただけますか?

ハリーポッターシリーズです。 
はっきり言って、読むことが嫌いなんです…
本を最後まで読んだことが無かったんですけど、ハリーポッターは、本当に夢中になって読みきりました。 頭の中で、想像力が膨らんで、登場人物の感情が心につきささる。
自分もこんな風に、誰かを刺激できたらなぁ、って初めて思いました。




― それでは、子供にとって本とはどのようなものだと思いますか?

本を読むことによって、想像力を豊かにして、心優しい子に育つと思います。


― 作品を描かれる上で、苦労した点はありますでしょうか?

絵の配置ですね…
バランスをとるのに苦労しました…


― どうもありがとうございました。


midonationプロフィール
1979年生まれ。
服飾の専門学校を卒業。
アパレル会社に就職。
絵本とは無縁の地にいた私。
妊娠して初めて、子供の為に絵本を書きたいと思いました。
書いているうちに、ぜひ、みなさんにも読んで頂いて、
温かい心、優しい気持ちになってもらえたら嬉しいなぁと
思いました。
今後も読み終わって微笑んでしまうような
絵本を書いていきたいので、末永く見守ってあげて下さい。