aware publishing
ホームへ お問合せ
買い物カゴの中を確認する

 電子出版のアウェアパブリッシング


はじめての方へ
エッセイ
素材集
写真集
学術・実務
えほん
思想・哲学
音楽
その他
インタビュー



戻る

かわかみさえこさんインタビュー


カワカミ サエコさんは、Webデザイナーとしても活躍されている絵本作家です。そんなカワカミさん『くまのくまっくる』は、熊の「くまっくる」を主人公とした絵本です。かわいらしいキャラクターが活躍する絵本で、楽しいお話を通じて、友達の大切さ、友情のすばらしさを私たちに教えてくれるものになっています。今回は、カワカミさんに本作品を書かれた動機など、インタビューさせていただきました。




― 本書の執筆のきっかけはどのようなものでしょうか?

当時はクマのキャラクターがマイブームで、自分でもくまが主人公ならばストーリーを作れるかもしれないと思い、同時にゴロのいい「くまっくる」という名前と、ダンスが大好きでいつもくるくると踊っているという性格も浮かんだのがきっかけです。


― では、カワカミさんが絵本を描かれるようになったきっかけは何でしょうか?

ずっとモノ作りをしていたいと何年も思いながら仕事に気をとられてしまい、行動に移せていなかったので、自分の作品作りの起爆剤になれば、という気持ちで作ってみようと思いました。
モノ作りの中でも絵本に一番興味があり、大学時代の研究の対象も絵本でした。
ページとページの間が読者の自由な想像力によって補われ、初めてストーリーが完成するという媒体であることに心を惹かれています。
絵本は一冊でも、読む人によってそれぞれ違うストーリーとして頭の中で完成されてるかもしれない、と思うとわくわくしてしまいます。


―カワカミさんの愛読書について語っていただけますか?

アンジュールという、私が初めて出会った文字のない絵本です。
今は甥たちにプレゼントしてしまって手元に無いのですが、とても心に残る一冊になっています。


この形態が一番読者の想像をかきたてるんじゃないでしょうか。
文字がなく、鉛筆ドローイングなので色も無く、背景もほとんど描かれていないシンプルさなのですが、ものすごく動きを感じられ、展開にすごく引き込まれます。
私自身もいつかこのような絵本を作ってみたいと思っています。


― カワカミさんは、子供にとって本とはどのようなものだと思いますか?

子供が初めて出会う本は絵本ですよね。
子供は絵本を通し初めて、現実とは違った不思議な世界観などに触れるのではないでしょうか。
自分自身も無意識に参加して頭の中でお話を作っていくという体験は、テレビアニメや漫画ではなかなかできないと思います。
例えば同じ絵本だけれど、お話の解釈の方法を何通りか教えると、子供自身でも別の解釈をしようとしたりし、必ず興味が深まる気がします。
そのように自分で考えて物事を楽しもうとする方法を学べる、とてもステキな存在だと思います。


― 作品を描かれる上で、苦労した点はありますでしょうか?

経験不足なので、ストーリーの構成や画面の展開の仕方、アングルなど全てに苦労したと言えます。
とてもいい経験になりました。
今後どんどんどんどんレベルアップしていきたいと思っています。


― どうもありがとうございました。


かわかみ さえこプロフィール

1977年生まれ。

岡山県立デザイン学部ビジュアルデザイン学科卒業。
現在はWEBデザイナー。

WEBの仕事の傍ら、イラストや絵本を制作。
オリジナルのキャラ、アフロくんがナビゲートするWEBサイトで公開している。

ニコニコ・ワクワク・ポカポカをキーワードにした世界観が感じられる作品を制作中。