aware publishing
ホームへ お問合せ
買い物カゴの中を確認する

 電子出版のアウェアパブリッシング


はじめての方へ
エッセイ
素材集
写真集
学術・実務
えほん
思想・哲学
音楽
その他
インタビュー



えほん

ぼくのたのしいすごしかた

ぼくのたのしいすごしかた

ほのぼの癒し系キャラクター「ロエピ」が、日常を忙しく過ごしている方にリラックスを教えてくれます。
絵本の中で、ロエピの世界に入って、ゆったり過ごしてくださいね。
疲れたらこの1冊! ぜひご覧くださいね。(おおさわ まき)

本書の主人公ロエピは、ぱんにゃんや、ウッキーと並んでおおさわさんの作品を代表するキャラクターです。
本書を読めば皆さんもロエピといっしょにのんびりのびのび一日を過ごした気分になれること間違いなしの一冊です。
作者のおおさわさんは雑誌・新聞・広告などで活躍の絵本作家、イラストレーターであるのみならず、絵本教室あとりえ ほしみらいを主宰されており、多くのこどもたちに絵画を指導しています。
(A4サイズ 本文21頁 2006年3月3日発行)
ISBN 4-903465-26-8

→ぼくのたのしいすごしかたの詳細

1,000円

なまえどろぼう

なまえどろぼう

一人ぼっちで孤独に暮らす、名前の無い女の子。
ある日出会ったカラスから、他の皆には名前があることを告げられます。
そして、女の子は自分以外の皆には名前があることを知ります。
自分にも名前が欲しくなった女の子は、名前を盗もうとしますが…。
やわらかいタッチの絵柄がとてもかわいらしい本です。「名前」という人のアイデンティティに関わる本質的な問題への洞察も含意したものになっています。
(A4サイズ 本文14頁 2006年10月9日発行)
ISBN 4-903465-52-7

→なまえどろぼうの詳細

1,000円

天狗の鼻あらし

天狗の鼻あらし

鼻の頭が 遠くにありすぎて見えないほど巨大な鼻をもつ 天狗の鼻太郎は、
その鼻が重すぎるがゆえに、他の天狗達のように空を飛べずに悩んでいた。

そんな鼻太郎が、空を飛ぶために編み出した技とは 一体何――??

他の者達とは違うがゆえに、皆と同じように上手く生きられない…。
そんな悩みを持っている人たちへ、
「大丈夫!!
ひとつの方法や生き方に囚われないで、
これまでに無いオリジナルな発想から 物事を見すえてごらん!!
キミならではの 解決方法と生き方が、
きっと見つかるはずさ…!!」
…という、作者からのメッセージが、
コミカルな絵と共に込められた、創作民話物語り…!!(伊藤 かおり)

本書は、漫画家、イラストレーターとして鳥取県で活躍されている、伊藤 かおりさんによる絵本です。
日本文化に造詣の深い伊藤さんによる、「和」のテイストの味わい深い世界をお楽しみください。

(A4サイズ 本文11頁 2006年12月4日発行)
ISBN 4-903465-58-6

→天狗の鼻あらしの詳細

1,000円

くまのくまっくる

くまのくまっくる

熊の「くまっくる」は大の退屈屋さん。
ある日、蝶の「ふわちょ」に話しかけるところから物語りは始まります。
「ふわちょ」を追いかけ冒険の旅にでる「くまっくる」の行く手に、ウサギの「うさこう」が現れます。
「ふわちょ」や「うさこう」との出会いによって「くまっくる」の日常に少しずつですが変化が生じて…。
「くまっくる」をはじめとして、かわいらしいキャラクターが活躍する本書は、楽しいお話を通じて、友達の大切さ、友情のすばらしさを私たちに教えてくれます。

(A4サイズ 本文12頁 2006年9月21日発行)
ISBN 4-903465-50-0

→くまのくまっくるの詳細

1,000円

のらいぬ

のらいぬ

ひとりぼっちで毎日をすごす、のらいぬ。
ちょっぴりさみしいけれども、同時に自由も満喫しています。
そんなある日、のらいぬはキングという、ある家の飼い犬と出会います。
キングの言葉から、飼い主のいない自分の境遇に疑問を感じるようになる、のらいぬ。
のらいぬは素敵な飼い主と出会うことができるでしょうか…。
犬と人間のあたたかい交流が描かれた本書は、犬好きのひとにはぜひおすすめの一冊です。
生きていくうえでのさみしさ、自分を理解してくれる人のいる喜びなど、多くのことを考えさせてくれる絵本となっています。

(A4サイズ 本文9頁 2006年8月22日発行)
ISBN 4-903465-48-9

→のらいぬの詳細

1,000円

ぷくぷく、ぽん!

ぷくぷく、ぽん!

お母さんと海に海水浴に来た少年。
たくさんのお魚と夢中で泳ぎを楽しみます。
ですが、楽しいのもつかのま、あんこうに出会ってびっくり…。
でも大丈夫、やさしいタコさんに助けられ…。
その後もイルカとの出会い、お母さんとの再会など、さまざまな出来事が続きます。
作者のありむらさんは本格的に洋画を学ばれただけあり、絵の魅力は折り紙つきです。
水色を基調とした海の中の描写は涼しげで、夏に読む絵本としてはピッタリです。
少年の冒険とその帰還がテーマとなっていますので、おかあさんが息子さんに読み聞かせをしてあげる絵本としても、ぜひお勧めの一冊です。

(A4サイズ 本文13頁 2006年7月25日発行)
ISBN 4-903465-46-2

→ぷくぷく、ぽん!の詳細

1,000円

もじゃもじゃモジャー

もじゃもじゃモジャー

絵本創作集団e-honのリーダー、タヤ タヤタが実に1年の制作期間をかけて描いた絵本『もじゃもじゃモジャー』が登場です。
鼻の頭がもじゃもじゃした不思議な犬、モジャーと女の子が繰り広げる楽しい楽しい日常。
そんなある日、女の子はモジャーにおとうさんの大切な毛生え薬をかけてしまいます…。
それがきっかけでモジャーは大変なことになってしまいます。
はたして物語の結末は…。
また、本書では背景の書き込みにも楽しいしかけがたくさん隠されており、1度ならず何度も読んで楽しむことができるようになっています。
個性的なタヤさんの絵本の世界をお楽しみください。

(A4サイズ 本文17頁 2006年3月9日発行)
ISBN 4-903465-28-4

→もじゃもじゃモジャーの詳細

1,000円

ねずみの笛吹き隊

ねずみの笛吹き隊

一人一人の力は限られている。それでも皆で協力しあっていくことによって、未来は開けていく…。ちっぽけなねずみたちの挑戦の結果は如何に?絵本作家たまがわきよみの描く、ハートウォーミング・ストーリー。

・・・どうぶつたちは、くちぐちに いいます。
「おんがくを かなでるんだって?」
「むりむり。だって、きみは ねずみじゃないか」
「そんな おおきな笛、ふける わけが ないよ」
けれど、チュータロは あきらめません。
みんなに なんと いわれようと、がんばって なんども 笛を ふきます・・・

(A4サイズ 本文27頁 2006年1月7日発行)
ISBN 4-903465-02-0

→ねずみの笛吹き隊の詳細

1,000円

あめあがりに After Raining

あめあがりに After Raining

障害に直面したとき、それぞれの動物たちの反応は…
あひるさん、ひよこさん、こねこのももちゃん、かたつむりさん、いぬのぽちくんなど多彩なキャラクターのリアクションがとっても可愛らしい一冊です。
また、本書はバイリンガル仕様になっており、日英対訳版となっております。
英語圏で日本語を勉強しているかたへのプレゼントにも最適の絵本となっています。

(A4サイズ 本文29頁 2006年1月17日発行)
ISBN 4-903465-06-3

→あめあがりに After Rainingの詳細

1,000円

あめあがりに Apres avoir plu

あめあがりに Apres avoir plu

障害に直面したとき、それぞれの動物たちの反応は…
あひるさん、ひよこさん、こねこのももちゃん、かたつむりさん、いぬのぽちくんなど多彩なキャラクターのリアクションがとっても可愛らしい一冊です。
また、本書はバイリンガル仕様になっており、日仏対訳版となっております。
フランス語圏で日本語を勉強しているかたへのプレゼントにも最適の絵本となっています。
ISBN 4-903465-07-1

→あめあがりに Apres avoir pluの詳細

1,000円

とりのこい

とりのこい

大人向けのせつないラブストーリーの絵本の登場です。
純粋なこころをもったとりと男の恋の行方は...。
とりは、男の気持ちをつなぎとめるために必死に卵を産んでいくが…。
人を好きになる意味、真の愛とは…考えさせられる多くのテーマを含んでいます。
また、その物語はアンデルセンの『人魚姫』などを彷彿とさせるものです。
作者のくりやまさんのタッチはあたたかみがあり、ほっとさせられるような画風です。

(A4サイズ 本文10頁 2006年2月2日発行)
ISBN 4-903465-09-8

→とりのこいの詳細

1,000円

パクパクパクリンチョ

パクパクパクリンチョ

3D-CGによる21世紀の絵本の登場です。
フルCGによって描かれたキャラクターは絵本界に新風を巻き起こします。
赤、青、緑の不思議な生き物が次々に登場し、お互い食べあいをはじめる!
その結末はいかに…。


(A4サイズ 本文16頁 2006年2月10日発行)
ISBN 4-903465-00-4

→パクパクパクリンチョの詳細

1,000円