aware publishing
ホームへ お問合せ
買い物カゴの中を確認する

 電子出版のアウェアパブリッシング


はじめての方へ
エッセイ
素材集
写真集
学術・実務
えほん
思想・哲学
音楽
その他
インタビュー



思想・哲学

吉本伊信講演 鳥取大学

吉本伊信講演 鳥取大学

吉本伊信 鳥取大学 医学部 精神神経科
での講演記録です。
講演日:1974年6月20日

本電子書籍の主な内容は音声です。
収録音声 約2時間

音声の聴き方

本電子書籍に添付のmp3ファイルを再生してお聴きください。
mp3ファイルは パソコンやスマートフォン、iPodなど様々な機器で手軽に再生できます。

2011年5月8日 発行

→吉本伊信講演 鳥取大学の詳細

1,000円

吉本伊信講演 岡山大学

吉本伊信講演 岡山大学

吉本伊信 岡山大学 医学部 精神神経科
での講演記録です。
講演日:1968年2月14日

本電子書籍の主な内容は音声です。
収録音声 約2時間

音声の聴き方

本電子書籍に添付のmp3ファイルを再生してお聴きください。
mp3ファイルは パソコンやスマートフォン、iPodなど様々な機器で手軽に再生できます。

2011年5月8日 発行

→吉本伊信講演 岡山大学の詳細

1,000円

吉本伊信講演 阪大

吉本伊信講演 阪大

吉本伊信 大阪大学 医学部 精神神経科
での講演記録です。
講演日:1978年3月17日

本電子書籍の主な内容は音声です。
収録音声 約2時間

音声の聴き方

本電子書籍に添付のmp3ファイルを再生してお聴きください。
mp3ファイルは パソコンやスマートフォン、iPodなど様々な機器で手軽に再生できます。

2011年1月30日 発行
ISBN  978-4-903465-79-1

→吉本伊信講演 阪大の詳細

1,000円

衣服哲学

衣服哲学

国際連盟事務次長として活躍し旧五千円紙幣でもおなじみの新渡戸稲造は、この本を何と三十四回も読み返しました。そして息子には遠益(トーマス)と名付けたというほどの感銘を与えました。

【夏目漱石】
カーライルは、私の友であり、ヒーローである。

【李登輝 台湾前総統】
非常に感動した書物として、十九世紀のイギリスの大思想家であるトーマス・カーライルの『衣装哲学』がありました。これは人生哲学を含んだ大変な名著ですが、私はそこで「永遠の肯定」という観念に触れ、人生の真の意義とは実践躬行にこそあると考えるに至りました。「躬行」とは簡単に言えば、良いと思ったら行うこと、つまり言行一致です。そしてそうした思想遍歴の中でたまたま手にしたのが新渡戸先生の『衣装哲学』の講義録だったのです。私はそれの持つ深みを知って感激しました。
講演 「台湾精神と日本精神」(2002年12年15日)

(A4サイズ 本文130頁 2008年11月30日発行)
ISBN 978-4-903465-76-0

※本作品は、pdfのなかに付録としてワードファイルが含まれています。
ワードで開いた場合は、文頭にマウス・ポインターを置けば、英文が表示されます。また、ところどころ番号のあるところに置けば、その前の語句に対する脚注が表示されます。
なお、ワードの設定は以下のようにしてください。
ツール → オプション → 表示 → ポップヒントにチェック
ワード動作確認環境 WindowsXP ワード2000
条件にあう方はワードの方もご確認ください。
ワードがつかえない場合も、pdfによって電子書籍は使用できます。


→衣服哲学の詳細

2,000円

ゆかいなギリシア哲学

ゆかいなギリシア哲学

本書は、1996年に同文書院から発行された『POPなギリシア哲学』(後に『よくわかるギリシア哲学』に改題)の、電子書籍としての復刻版です。

ギリシア哲学といっても、教科書的な解説をしているのではなく、哲人たちのユニークな人物像を前面に打ち出した愉快な内容となっています。おなじみのソクラテスやプラトンをはじめ、さまざまな哲人が登場いたしますが、学校では教えなかった彼らの、はちゃめちゃで面白い生きざまが描かれています。とにかく気楽にギリシア哲学を楽しんでいただくことを目的に書きましたので、文体も軽快なものになっています。とはいいましても、哲学の真髄はしっかりと盛り込んだつもりですが。(斉藤啓一)

表紙イラスト 朱華黒亜 本文イラスト 野路幸恵

目次
序章 人類の英知の夜明け
第1章 ピュタゴラス
第2章 ソクラテスとプラトン、アリストテレス
第3章 エピクロス
第4章 ゼノン
第5章 プロティノス

(A4サイズ 本文173頁 2006年1月11日発行)
ISBN 4-903465-03-9

→ゆかいなギリシア哲学の詳細

1,000円

聖なるインドへ

聖なるインドへ

本書は、ヨーガスクール・カイラスの主宰者であり、ヨーガ教師である松川慧照さんとその教室の皆さんのインドへの旅の記録である。
2005年の9月から10月の約一ヶ月にわたる旅の中で、彼らは何をみたのだろうか。
最近世間ではまれに見るヨーガ・ブームであるという。だが、一口にヨーガといってもその内容は様々である。本書には、ファッションとしてのヨーガにとどまらない、深いヨーガの修行の内容がある。
それは単に難しいポーズをとったり、瞑想をしたりすることだけがヨーガではないということである。この旅の途上におこる様々な現象もまたヨーガであるということなのだ。インドの聖地といわれるゴームク、ヴァラナシ、ブッダガヤー、ラージギルといった地で、何が彼らを待ち受けているのだろうか。
ヨーガ愛好者必読の一冊である。

表紙イラスト 弥智子
(A4サイズ 本文128頁 2006年1月11日発行)
ISBN 4-903465-04-7

→聖なるインドへの詳細

1,000円